こんにちは

7ヶ月の娘の夜泣きがエンドレスなので全然眠れてないからナチュラルハイエブリデイなfuwamaiです。この間、千葉県市原市にある「市原ぞうの国」に行ったら息子がゾウさんの大ファンになって帰って来ました。

市原ぞうの国

目次 [Index]

市原ぞうの国

ぞうの飼育数は国内最多

千葉県のほぼ中央に位置する市原ぞうの国には、国内最多飼育数のぞうさん11頭をはじめ、カピバラ、カバ等約100種類の動物たちが暮らしています。
(引用:「市原ぞうの国」)

園内でほぼ毎日行われている「ぞうさんショー」では、ぞうの背中に乗れる「ぞうさんライド」や、お鼻にぶら下がることができる「ぞうさんリフト」などいろんなアトラクションが開催。記念撮影もあります。

ぞうさん紹介

市原ぞうの国プロフィール看板

市原ぞうの国園内には、ぞうたちのプロフィールが書かれた看板がたくさん置いてあります。それぞれの生い立ちや、性格、お父さんとお母さんの情報や特技など、読んでいくと面白いんですよ!

アジアゾウ「ランディ」

ぞうたちのプロフィールは公式サイトで詳しく読むことができます。また、「ゆめ花ちゃん」、「りり香ちゃん」、「結希くん」には特設ページが設けられているので、そちらも是非チェックしてみてください、面白いですよ!

アジアゾウとアフリカゾウの違い

アジアゾウとアフリカゾウのちがい、わかるかな?

その他たくさんの動物たち

ラマ

フワフワしていました。檻から首をニョーンと伸ばして(たぶんエサが欲しかったのかな?)アプローチしてきてくれます。ラマさん、可愛かった。まつ毛長くて良いな〜羨ましい。

ヤギ

ヤギ

真っ白綺麗なヤギさん。「となりのトトロ」のワンシーンを思い出しますね。

カワウソ

うまく撮れてなくてアレですが。カワウソちゃんです。すごく可愛かったです。

チンパンジー

チンパンジー

ヒトに近い動物のチンパンジーは、声をあげて笑ったり、道具を使ったり、抱きあって挨拶したりと、人間と共通した仕草をします。
(引用:「園内看板」)

だそうです、知能が高いんですね!

ラクダ

想像していたよりも大きくてびっくりしました。座っていたので、大きな岩みたいでした。ラクダちゃんのまつ毛もフッサフサ。羨ましいなー。

レッサーパンダ

この日はお昼寝していたのか、見られませんでした。

モルモット

モルモット

自分から駆け寄ってきてくれて、金網越しにお鼻をヒクヒクさせていました。可愛すぎる。

イグアナ

イグアナ

恐竜みたいですね、かっこいいです。

などなど。約100種、400頭羽の動物たちが暮らしている

子供に人気のフラミンゴやぺりかんもいます。(写真撮り忘れたけど)

なかでも私の印象に残ったのは「ヨークシャー」という大きな豚です。豚のイメージが変わりました。ちょっと怖いくらい大きかったです。(これも写真撮り忘れたけど)来園の際はぜひ見て見てください。

ダチョウじゃないよ、エミューだよ

園内施設案内

売店

ギフトショップでは、市原ぞうの国オリジナルグッズや、直輸入されたアジアン雑貨などが揃った「リトルパオ」や、ぞうさんグッズを主に取り扱っている「つみきハウス」、ライド券が購入できる「パオパオ」、メインゲートでもある「ダンボ」があります。
オンラインショップもあるみたいですね。

チケット売り場

メインゲート

「入園券売り場(メインゲート)」
駐車場おりてすぐのメインゲートでは、チケット売り場とギフトショップがくっついています。ヤマアラシが迎えてくれました。

「パオパオ(ぞうさんライド券販売)」
ギフトショップ「パオパオ」にて、ぞうさんライド券が購入できます。

飲食店・レストラン

ガーデンレストラン「ウッディヒル」
木々に囲まれながら食事ができます。市原ぞうの国の園長さんの手作りカレー(数量限定)も注文できますよ。

ウッディヒル

ぞうのものしり館

たくさんの資料や、「星になった少年」のモデルも見られます。

2005年夏公開映画「星になった少年」は市原ぞうの国 園長 坂本 小百合が原作者です。
映画のモデルとなったアジアゾウのランディも暮らしています。
(引用:「市原ぞうの国」)

その他

車で1分「Sayuri World」

市原ぞうの国から車で1分の場所に位置するもう1つの動物園、その名も「Sayuri World」。

Sayuri World

今回は残念ながら時間の都合でぞうの国1つしか回れませんでしたが、また機会があったらこちらにも行ってみたいです。キリンさんに会いたい!

子供連れにも優しい施設・サポート

市原ぞうの国園内には、授乳室が2箇所、オムツ交換所が4箇所設置されています。

また、広くておもちゃもたくさんあるキッズスペースもあるんですよ。これにはとても助かりました。ちょうど園内をぐるっと一周したあとで下の娘が大きい方をしたので「オムツ替え!」と思った場所にあり。さらに滑り台や小さなジャングルジムがプレイマットの上にたくさん並べられていたので。オムツを替えている間、お兄ちゃんは大人しく(てか興奮気味に?)遊んで待っていてくれました。むしろ「ここで遊んでる!」と言うくらい、充実したキッズスペースに感動。ママさん、パパさんおすすめです。

さいごに

ショーを終えて帰っていく像たち

圏央道が開通して、かなりアクセスのよくなった市原ぞうの国。園内の経路はシンプルで周りやすく、それでいてたくさんの種類の動物たちが見られるので飽きずに楽しめるでしょう。何よりも、大きなぞうさんたちのショーは圧巻です。お子さんとのいい思い出になること間違いなしなので、是非!